病院によっては、月に数回必ず夜勤をしなければならないこともあります。夜勤をスタッフで持ち回りにしていて、よほどの理由がない限りは逃げられない場合もあるのです。
夜勤は確かに手当がつくので金銭的にはメリットが大きいのですが、徹夜での仕事になるので、どうしても生活リズムが狂ってしまうという悩みに直面させられます。毎日規則正しい生活をしていても、たった一回の夜勤によってそのリズムが壊されてしまう可能性もあるのです。
一度壊れてしまった生活リズムをまた正常に戻すことは、実は容易ではありません。しばらくは睡眠不足に悩まされたりと、苦労することは多いです。しかも、生活リズムが元に戻ったと思ったらまた夜勤が入ってしまうので大変です。

夜勤は、その日だけではなくてしばらく辛さが残る点が問題でしょう。病院の職場環境は割と整っている方で、残業にしても夜勤にしてもきちんとお金は払われますが、こうした問題があるので辞めていく人は多いです。そのため、夜勤専門のスタッフを用意するなど、看護師の働き方を根本から見直す必要があります。睡眠不足のままで仕事を続けていると、いつか深刻で取り返しのつかない医療ミスを引き起こしてしまうかもしれないからです。
現状では夜勤を回避したいなら、そもそも入院患者のいない小規模なクリニックに就職をするのがいいとされています。逆に夜勤のみを担当するアルバイトもありますが、むしろそちらの方が生活リズムが安定する可能性もあります。
もしも現在の職場で働き続けることに不安を感じたら、一度立ち止まることも大切です。こちらのサイト【http://anatanoshokubakankyo.net】を参考に、現在の労働環境を見直してみるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です