看護業界は慢性的な人手不足という悩みを抱えています。人手不足の原因としては、仕事の厳しさが挙げられるでしょう。
働く環境は病院によって異なりますが、24時間365日運営する病院では夜勤があります。夜勤のシフトは2交代制や3交代制と色々ありますが、いずれにせよハードな勤務であることに変わりありません。夜勤に入れば夜勤手当が付くので収入面でのメリットがありますが、長時間勤務や不規則な生活による疲労で体調を崩し看護師を辞める人も少なくありません。
更に、新人看護師の場合は、まだ仕事に慣れていないので勤務時間に加えて残業時間も多くなりがちです。それでも残業代が出るなら救いがありますが、新人の間は勉強期間ということで残業代を出さない病院もあります。

こうした厳しい環境に肉体的・精神的に耐えきれず病院を辞める新人看護師も多く、新人看護師の離職率の高さが各病院では問題となっています。
働く環境の厳しさに耐えきれず離職者が増えてしまい、人手不足に陥った病院では少ない看護師で仕事を分担せざるを得ません。当然、一人一人が負担する仕事量は増えるので、労働環境は更に厳しくなります。そして、増えた仕事量に耐えきれずにまた離職者が出て来る、と言った悪循環に陥っているのです。
この悪循環を打破するためには、看護師の労働環境改善が不可欠でしょう。看護師団体も看護師の働く環境を改善するために、夜勤・交代制勤務のガイドラインを作成し、病院や医療機関に環境改善を求めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です