比較的安定した職業であるため、看護師は非常に人気が高いです。しかしその一方では、場所によっては環境の酷さに悩みを抱えている看護師は少なくありません。一体なぜ、看護師の労働環境は悪くなってしまうのでしょうか。また、この問題を解決するためにはどうすれよいのでしょうか。
まず原因についてですが、よく言われるのは看護師の人材不足です。男性看護師も増えてきたとはいえ、看護師の多くは女性です。そのため、結婚や出産などのライフイベントで辞めていく人が非常に多いのです。
また、人が辞めてしまうと当然その分の仕事は別の看護師が負担することになりますから、どんどん過酷な環境になっていきます。過酷な環境になれば、人が辞めるという悪循環が発生します。

このように、原因には様々なものがありますが、人材不足は特に大きな原因となっています。つまり、人材不足を解消することが出来れば、過酷な環境の改善に繋がるのです。これに対し、国は看護師の再就職プログラムを導入し、問題解決に取り組んでいます。
看護師免許を持っているけれど看護師ではない人のことを「潜在看護師」と呼び、この潜在看護師の再就職のサポートを国が行っています。離職している間のブランクを埋めるための勉強会などを実施し、再就職を促しているのです。実際に成果も出ているので、今後に期待したいところです。
しかし国のサポートが十分な効果を上げるまでには時間がかかります。その間は、看護師一人ひとりが労働環境改善のために意見を積極的に出していくのが良いでしょう。所属する医療機関でみんなが問題を共有し合い、話し合うことが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です